勉強法や学習メソッド

こんばんは!ブログ管理人のトモノリです。いや~最近の暑さには参りますね。猛暑やら豪雨やらで日本列島は大変なことになっています。レンタル自習室はエアコンが効いているので、自宅にいるよりも快適なので、暇さえあればレンタル自習室に行くようにしています。もちろん、レンタル自習室に行くのは、フランス語と宅建試験の勉強をするためですよ。

今日は勉強法や学習メソッドの重要性について書いてみたいと思います。勉強をがんばっても、成績が上がらない、試験に合格できないというのは、勉強法が間違っていることがほとんどです。決して、頭が悪いというわけではないので、その点は安心していいかと思います。いくら的外れな勉強をしても結果が出ないのです。

それで、勉強法や学習メソッドというのは、試験や科目によって異なります。というのも、暗記科目や計算科目、論文試験、選択式試験など、いろいろな試験がありますからね。私はフランス語と宅建士の勉強をしていますが、フランス語は語学ですし、宅建士は選択式試験です。両方とも暗記は必要ですが、フランス語に関しては、暗記だけではどうにもなりません。会話能力や読解力が必要だからです。

勉強法や学習法については、インターネットを探せば、上手くまとめたサイトも存在しています。例えば、このようなサイトです。

https://learning-study.com/

独学で勉強している人は、最初に勉強法を確認したほうがいいでしょう。そのほうが途中で挫折しなくて済みます。なかには、記憶術や速読術のような勉強を効率化する技術もあります。そうしたものを習得するもの有効だと思います。私はできないのですけれどね。

レンタル自習室が便利

こんばんは!ブログ管理人のトモノリです。フランス語と宅建の勉強をしていることは、公開済みですが、学習スペースをどうするかという問題があります。独学で勉強を進めているので、予備校などの自習室が使えないのです。そういうときはですね、レンタル自習室が便利です。

レンタル自習室はレンタルデスクという言い方もします。デスク単位で貸してくれる有料スペースのことです。レンタル自習室では、司法試験や会計士、社労士などの資格試験の勉強や大学受験対策、パソコンも使用可なので、PC作業をしている人もいます。最近のレンタル自習室は、デスクごとにコンセントも完備されているので、スマホの充電やノートパソコンの使用も可能なのです。私はフランス語と宅建試験の勉強のために、レンタル自習室を利用しているのです。会社帰りや休みの日に気軽に利用できるので便利です。

都内近郊のレンタル自習室だと、イーミックスやLeaF、ガシン自習室などがあります。平日の夜でも、多くの人が勉強しているので、刺激になります。図書館のように静かなので、集中して勉強できると思います。レンタル自習室では、疲れているのか、机に伏せて寝ている人もいますね。

学校帰りや会社帰りだったりするので、そういう人もいます。カフェやマックなどもいいですが、勉強スペースを探している人は、レンタル自習室の利用を検討してみるといいと思います。レンタル自習室の料金は1万円から2万円程度です。自分のデスクなので、参考書や辞書などを置きっぱなしにしておいても大丈夫です。とっても便利なので利用してみてください。

宅建の勉強もしている

みなさん、こんばんは!ブログ管理人のトモノリです。前回はフランス語の勉強をしているという話をしましたが、覚えていますか。というより、記事を読んでくれたかどうかってとこですよね。語学の習得のための勉強をしているのですが、仕事の関連で宅建試験の勉強をしています。宅建というと不動産関連には必須ともいうべき資格です。

宅建の合格率は15パーセントくらいだったかな、難易度としては難関と言えないかもしれませんが、そんなに簡単に合格はできません。きちんと勉強すれば、合格できると思います。宅建は選択式試験で、四肢択一式なので、仮に分からない問題があっても、適当にマークしておけば、正解になる可能性もあります。確立は四分の一です。

宅建試験では、暗記が重要になってきます。とにかく、覚えてさえいれば、正解することができます。2018年の宅建試験を受験予定なので、それまでに仕上げておかなかればいけません。受験料もかかりますし、チャンスを無駄にはできません。

宅建の勉強と並行して、フランス語の学習もするので、やや大変ではあります。夜や週末の時間を効率的に使う必要があるのですね。宅建合格は、今年の目標でもあります。何としてでも、合格したいところです。ブログなんか書いている場合じゃないですね。

アラサー会社員が語学学習

今日から外国語の勉強日誌として、ブログを始めることになりました。トモノリと申します。普段はアラサーの会社員をしています。このブログでは趣味である語学習得の話をしたいと思います。

昔から外国語の習得が趣味で、英語や中国語の勉強をしていましたが、大学時代にフランス語を第二外国語として履修していたので、最近はフランス語の勉強に力を入れています。フランス語は英語に比べると、習得が難しいと思います。フランス語の発音は独特ですし、男性名詞と女性名詞があり、覚えるのに苦労します。ヨーロッパ言語は英語に比べると難しいものが多いと言われていますから、がんばるしかないのです。いまのところ、独学でフランス語の勉強をしています。市販の初級フランス語の参考書を本屋さんで買ってきて、自宅やカフェで勉強するのです。学生時代にフランス語を履修していたとはいえ、忘れてしまっているので、初級レベルから勉強しているのです。

さて、話は変りますが、2018年のロシアワールドカップでは、フランスは準決勝まで進んでいます。フランスは優勝候補とも言われており、フランス語を勉強している私としては注目せざるをえません。準決勝のフランスとベルギーの試合日程は7月10日の27時からの予定です。楽しみですね!

※ この記事は7月上旬に執筆したものです。